スタッフブログ

永年勤続20年表彰 久我孝龍

「職員として 今の思い」 久我 孝龍

当時の今城園長から、「うちで働いてみないか?」とお誘いを受けて『石の上にも三年』と言う言葉のようにまずは3年頑張ってみよう!と心に決め静和会に入職し、あっという間に20年という月日がすぎました。その間、国の制度も変わり、大日学園も入所施設、通勤寮だけでなく様々な形態の事業所が増えました。大日学園グループを利用されている方にとっては選択肢が増えたことは大きなメリットです。その分たくさんの仲間とも出会うことが出来ましたが、一方で大きくなったが故に当時のような顔の見える付き合いが無くなったことにさびしさも覚えます。
現在、私は出向という形で福山市に赴いて相談支援の業務にあたっています。他市には府中市にないものもあります。外から見る現場、大日学園。これが必要だな、こうであったらもっとよくなるな!
戻ってきたときには、もっともっとみんなが幸せになれるような大日学園グループになるようこれからもいろんなことを吸収して学んでいきたいと思っています。